教育で教え込む善悪に関しては色々とある

教育というのは実に難しい問題であり、なにを善としてなにを悪とするのか、ということによって、考え方が違ってきます。
それは文化によって違うことでもありますから一概に決定することが難しいとは言えないわけです。
しかし、日本における最低限の教育の基準となるのは法律にあります。
遵法精神というのはとても重要でありこれは子供の時からしっかりと叩き込む必要性があります。
もちろん、法律がなにより大事であるのかといえば人生においてはそうでないこともありますが、一般的にはそれらは守られるべきものであり行動の指針となるべき基準が定められていると言えるでしょう。
実に素晴らしいことではありますが道徳という教育においては必ずしも法律だけを基準に考えるべきでもないのが難しいてんです。
法律に決められていない考え方と道徳というのが学ばせるべきものの一つになるでしょう。
実に判断が大変なことではあるのですが親というのがそういうことを考えて子供に教え導く必要があるわけです。